今だからできること、今だからこそ やっておくべきことがあります。


子犬はとっても可愛いけれど、あちこちに排泄したり、パクパク噛んだり、急に走り回ったり、毎日お世話に忙しくて、 てんてこ舞いになることでしょう。

ちゃんとしつけをしなくては、と一念発起して「ダメ!」や「NO!」を連発していませんか? 
それよりも「おりこう」「ありがとう」「上手だね」などのポジティブな言葉を使ったしつけ方が子犬の心を育みます。
まだ何も教えてもらっていない赤ちゃん犬で、しかも人間とは異種の「イヌ」という動物なのですから、人間の常識が通じないのは当たり前。

パパ・ママを大好きになってもらうためにも、失敗してから叱るのではなく、成功するように事前にお膳立てしてあげることが肝心です。
 
子犬にとって最も大切なことのひとつは、人間を好きになってもらうことなのです。
もうひとつ大切なのは、世の中にあるさまざまなモノに慣らすこと(=社会化)です。それが成長に伴って起こりうるさまざまな困った行動の予防になります。

社会化の窓が大きく開いているのは、4か月齢位までと言われています。 その後、社会化の窓は狭くなり、新しく出会うモノには警戒心を持つようになっていきます。
怖いモノだらけの世界と、自信を持って接することができるモノが多い世界、犬にとってどちらが幸せでしょう?

一生に一度の社会化期を逃さず、好ましい社会化トレーニングをしてあげることが、飼い主さんから子犬への最大のプレゼントなのです。  ただし、自己流で無理をさせたり、怖い思いをさせては逆効果。
飼い主さん自身も犬との暮らし方、正しい接し方を学ぶ良い機会ですので、子犬を迎えたらお早めの受講がお勧めです。